2011

Naphthoquinone-like polyketide isolated from Streptomyces sp. RI-77 and its predicted biosynthetic pathway.

Miho Izumikawa, Ryutaro Satou, Keiichiro Motohashi, Aya Nagai, Yasuo Ohnishi, Motoki Takagi, Kazuo Shin-ya.

J. Nat. Prod., 74, 2588-2591. (2011)

Identification and characterization of the linalool/nerolidol synthase from Streptomyces clavuligerus.

Chiaki Nakano, Hyo-Kyoung Kim, Yasuo Ohnishi.

Chembiochem, 12, 2403-2407. (2011)

12 December to 15 December 16th International Symposium on the Biology of Actinomycetes (Puerto Vallarta, Mexico)

Invited presentaiton

Novel regulatory circuits for the morphological and physiological differentiation in Streptomyces griseus

Yasuo Ohnishi (12/12)

 

David Hopwood Prize: Best Secondary Metabolism / Genetics Poster Prize

An alternative sigma factor governs the principal sigma factor in Streptomyces griseus

〇Hiroshi Otani、Akiyoshi Higo、Sueharu Horinouchi、Yasuo Ohnishi (12/12)

 

Poster

A positive feedback loop between two global regulators AdpA and BldA in Streptomyces griseus

〇Akiyoshi Higo、Sueharu Horinouchi、Yasuo Ohnishi (12/12)

 

Oral presentation

Identification of lysine-acetylated proteins in Streptomyces griseus and analysis of their physiological functions

〇Yuji Ishigaki、Genki Akanuma、Saori Kosono-Matsuda、Minoru Yoshida, Sueharu Horinouchi、Yasuo Ohnishi (12/15)

Genome mining reveals two novel bacterial sesquiterpene cyclases: (−)-germacradien-4-ol and (−)-epi-α-bisabolol synthases from Streptomyces citricolor.

Chiaki Nakano, Fumitaka Kudo, Tadashi Eguchi, Yasuo Ohnishi.

Chembiochem, 12, 2271-2275. (2011)

11月26日 第43回三省堂サイエンスカフェ(東京)

微生物を生産工場とした新しい「ものつくり」

大西 康夫

Strict regulation of morphological differentiation and secondary metabolism by a positive feedback loop between two global regulators AdpA and BldA in Streptomyces griseus.

Akiyoshi Higo, Sueharu Horinouchi, Yasuo Ohnishi.

Mol. Microbiol., 81, 1607-1622. (2011)

11月20日 第55回 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会 (TEAC2011)(筑波)

Streptomyces griseus 由来の新規セスキテルペン環化酵素の機能解析
〇仲野 千秋、堀之内 末治、大西 康夫

11月4日 第21回ドリコールおよびイソプレノイド研究会例会(松江)

放線菌 Streptomyces griseus 由来の新規セスキテルペン環化酵素の機能解析
〇仲野 千秋、堀之内 末治、大西 康夫

Fatty acyl-AMP ligase involvement in the production of alkylresorcylic acid by a Myxococcus xanthus type III polyketide synthase.

Takayuki Hayashi, Yuta Kitamura, Nobutaka Funa, Yasuo Ohnishi, Sueharu Horinouchi.

Chembiochem, 12, 2166-2176. (2011)

Purification, crystallization and preliminary X-ray analysis of glucokinase from Streptomyces griseus in complex with glucose.

Ken-ichi Miyazono, Nobumitsu Tabei, Kazuya Marushima, Yasuo Ohnishi, Sueharu Horinouchi, Masaru Tanokura.

Acta Cryst. F., 67, 914–916. (2011)

9月30日 日本ゲノム微生物学会 若手の会(静岡)

放線菌 Streptomyces griseus の黄色色素生産に関わる新規な抗転写活性化因子の解析」
〇中村 一成、橋本 憲人、堀之内 末治、大西 康夫

Identification of the first bacterial monoterpene cyclase, a 1,8-cineole synthase, that catalyzes the direct conversion of geranyl diphosphate.

Chiaki Nakano, Hyo-Kyoung Kim, Yasuo Ohnishi.

Chembiochem, 12, 1988-1991. (2011)

9月8日から9日 2011年度 日本放線菌学会大会(IUMS2011)(札幌コンベンションセンター)

口頭発表・ポスター発表

O-2、P-AM08-12

転写因子 AdpA と tRNA bldA から構成されるフィードバックループによる Streptomyces属放線菌の厳密な遺伝子発現制御

〇肥後 明佳、堀之内 末治、大西 康夫 (9/8)

Strict regulation of morphological and physiological differentiation by a positive feedback loop between two global regulators AdpA and bldA in Streptomyces griseus

〇Akiyoshi Higo、Sueharu Horinouchi、Yasuo Ohnishi

 

O-7、P-AM08-2

Actinoplanes missouriensis 由来の新規テルペノイドーポリケタイド融合化合物合成に関わる遺伝子クラスターの機能解析

〇淡川 孝義、藤田 信之、早川 正幸、大西 康夫、堀之内 末治 (9/8)

Characterization of biosynthesis gene cluster for alkyl-O-dehydrogeranyl-methoxyhydroquinones in Actinoplanes missouriensis
〇Takayoshi Awakawa、Nobuyuki Fujita、Masayuki Hayakawa、Yasuo Ohnishi、Sueharu Horinouchi

8月25日から26日 平成23年度グラム陽性菌ゲノム機能会議(広島県 福山大学)

放線菌 Streptomyces griseus におけるリジンアセチル化タンパク質の同定とその生理的機能の解析
〇石垣 祐二、赤沼 元気、古園(松田) さおり、吉田 稔、堀之内 末治、大西 康夫 (8/25)

Characterization of a novel sesquiterpene cyclase involved in (+)-caryolan-1-ol biosynthesis in Streptomyces griseus.

Chiaki Nakano, Sueharu Horinouchi, Yasuo Ohnishi.

J. Biol. Chem., 286, 27980-27987. (2011)

8月20日から21日 日本ゲノム微生物学会ワークショップ 「ゲノムで繋がる微生物研究の新展開」(宮城県仙台市 東北大学片平キャンパス さくらホール)

微生物ゲノムシーケンスを活用した新規生合成酵素の取得

大西 康夫 (8/21)

ゲノム情報を基盤にした放線菌群の転写制御機構研究

原啓文、大西康夫、福田雅夫

化学と生物 Vol. 49, No. 4, 234-242. (2011)

Characterization of recombinant β-amylases from Oryza sativa.

Tomojiro Koide, Yasuo Ohnishi, Sueharu Horinouchi.

Biosci. Biotechnol. Biochem., 75, 793-796. (2011)

Characterization of spore flagella in Actinoplanes missouriensis.

Kaoru Uchida, Moon-Sun Jang, Yasuo Ohnishi, Sueharu Horinouchi, Masayuki Hayakawa, Nobuyuki Fujita, Shin-Ichi Aizawa.

Appl. Environ. Microbiol., 77, 2559-2562. (2011)

Characterization of the biosynthesis gene cluster for alkyl-O-dihydrogeranyl-methoxyhydroquinones in Actinoplanes missouriensis.

Takayoshi Awakawa, Nobuyuki Fujita, Masayuki Hayakawa, Yasuo Ohnishi, Sueharu Horinouchi.

Chembiochem, 12, 439-448. (2011)

Control of aerial mycelium formation by the BldK oligopeptide ABC transporter in Streptomyces griseus.

Genki Akanuma, Masayoshi Ueki, Morio Ishizuka, Yasuo Ohnishi, Sueharu Horinouchi.

FEMS Microbiol. Lett., 315, 54-62. (2011)

3月25日から28日 日本農芸化学会 2011年度大会(京都、中止)

シンポジウム「微生物酵素・代謝の最先端研究を担うサイエンティストからの視点:分子メカニズムから進化まで」
はじめて明らかになったニトロソ化酵素:生合成遺伝子群の進化についての考察
大西 康夫

 

シンポジウム「食糧・環境問題に資する有用タンパク質の構造機能解析」
クルクミノイド骨格形成を触媒するイネおよびウコン由来ポリケタイド合成酵素の構造機能解析とその応用
〇勝山 陽平、宮園 健一、田之倉 優、大西 康夫、堀之内 末治

 

一般講演

放線菌 Streptomyces griseus においてグリキサゾン生産に関わる新規な抗転写活性化因子GriUの機能解析
〇中村 一成、堀之内 末治、大西 康夫

 

放線菌の主要シグマ因子を制御するECFシグマ因子
〇大谷 啓志、肥後 明佳、堀之内 末治、大西 康夫

 

放線菌 Streptomyces griseus におけるリジンアセチル化タンパク質の同定とその生理的機能の研究
〇石垣 祐二、赤沼 元気、古園(松田) さおり、吉田 稔、堀之内 末治、大西 康夫

 

転写因子AdpAとtRNA bldAから構成されるフィードバックループによる Streptomyces 属放線菌の遺伝子発現制御
〇肥後 明佳、堀之内 末治、大西 康夫

 

稀少放線菌 Actinoplanes missouriensis の運動性胞子の走化性ケモレセプターに関する解析
〇金 昭ヨン、藤田 信之、早川 正幸、堀之内 末治、大西 康夫

 

稀少放線菌 Actinoplanes missouriensis の運動性胞子のメタボローム解析
〇乙供 かな依、斎藤 菜摘、曽我 朋義、大西 康夫

 

希少放線菌 Actinoplanes missouriensis におけるオレンジ色色素の構造解析
〇松井 美里、泉川 美穂、金 昭ヨン、高木 基樹、新家 一男、大西 康夫

 

ステロイド化合物のD環16α位を立体・位置特異的に水酸化する放線菌由来P450の発見
〇牧野 拓也、音松 俊彦、原田 尚志、三沢 典彦、大西 康夫

 

フェロベルディン生合成経路の解明
〇野口 秋雄、北村 武史、尾仲 宏康、供田 洋、堀之内 末治、大西 康夫

 

放線菌 Streptomyces citricolor 由来の新規セスキテルペン環化酵素の機能解析
〇仲野 千秋、工藤 史貴、江口 正、大西 康夫

 

放線菌 Streptomyces clavuligerus 由来の新規モノテルペン環化酵素の機能解析
仲野 千秋、〇金 孝キョン、大西 康夫

 

actinorhodin生合成における生成物解離機構の解明
〇淡川 孝義、アデリン ムリアンディ、田口 貴章、市瀬 浩志、大西 康夫

 

稀少放線菌 Actinoplanes missouriensis の新規II型ポリケタイド合成酵素遺伝子クラスターの機能解析
〇横田 康介、藤田 信之、早川 正幸、大西 康夫

Structural and biochemical elucidation of mechanism for decarboxylative condensation of beta-keto acid by curcumin synthase.

Yohei Katsuyama, Ken-ichi Miyazono, Masaru Tanokura, Yasuo Ohnishi, Sueharu Horinouchi.

J. Biol. Chem., 286, 6659-6668. (2011)

3月14日から16日 第5回 日本ゲノム微生物学会年会(仙台、中止)

放線菌 Streptomyces griseus の気中菌糸形成に必須なWblAの解析
〇肥後 明佳、平野 節、堀之内 末治、大西 康夫

3月10日 平成22年度発酵と代謝研究会講演会「日本バイオ・ものづくり研究の再興に向けて」−アカデミアとインダストリー・新しい連携のスタートへ−(東京)

微生物による「ものづくり」に利用できる生合成酵素の発掘

大西 康夫

Crystal structure of curcuminoid synthase CUS from Oryza sativa.

Ken-ichi Miyazono, Jounghyun Um, Fabiana Lica Imai, Yohei Katsuyama, Yasuo Ohnishi, Sueharu Horinouchi, Masaru Tanokura.

Proteins, 79, 669-673. (2011)

Substrate specificity of benzamide synthetase involved in 4-hydroxy-3-nitrosobenzamide biosynthesis.

Akio Noguchi, Sueharu Horinouchi, Yasuo Ohnishi.

J. Antibiot., 64, 93-96. (2011)

1月7日 沖縄生物資源の活用促進に向けた研究基盤の構築シンポジウム(那覇)

微生物の二次代謝産物生合成機構の解明と「ものつくり」への応用

大西 康夫

住所 : 東京都文京区弥生1-1-1東京大学農学部2号館