オンラインにより2年ぶりに開催された2021年度(第35回)日本放線菌学会で4名口頭発表を行いました。

大会ホームページ

勝山准教授らが日本生化学会誌特集号「遺伝暗号による制約を突破する翻訳システムの改変と非標準アミノ酸」(Vol.93, No.3) の記事を執筆しました。放線菌が非リボソームペプチドの生合成において用いる非標準アミノ酸は、二次代謝産物の生理活性に重要な役割を果たしていると考えられ、その多くは独自の経路で生合成されています。本記事では非標準アミノ酸の生合成を紹介し、その意義について言及しています。

https://seikagaku.jbsoc.or.jp/10.14952/SEIKAGAKU.2021.930315/index.html

日本醸造協会誌第116巻第6号の巻頭言を大西教授が執筆し、教授室に残されていた坂口先生の甕の話を紹介しました。

「坂口謹一郎先生の紹興酒の甕」

坂口先生の甕を開けたのは4年前の出来事ですが、その時に用意した果実酒用のボトルに、先月末、卒論生3人と青梅を漬け込んだ話で文章が結ばれています。

中高生のための研究キャリア・サイエンス入門 someone(リバネス出版)の2021夏号(vol. 55)特集記事「いきものたちとのものづくり」において、戦略的創造研究推進事業CREST「高性能イミダゾール系バイオプラスチックの一貫生産プロセスの開発」で行った研究成果が紹介されました。(大西教授が取材に協力しました。)

「微生物のチカラで高機能性プラスチックをつくる」

研究内容を一般向けにやさしく解説いただいています。

当研究室は、2019年度発足の新学術領域研究「超地球生命体を解き明かすポストコッホ機能生態学」に計画班として参画していますが、第3回領域会議で大西教授が2020年度の成果発表を行いました。

A01-6班 ポストコッホ生態系における希少放線菌の種と機能
研究代表者:大西 康夫
研究分担者:稲橋 佑起(北里大学・観戦制御科学府)
研究協力者:勝山 陽平、手塚 武揚

https://postkoch.jp/

住所 : 東京都文京区弥生1-1-1東京大学農学部2号館