本研究はCRESTプロジェクトとして、北陸先端科学技術大学院大学、神戸大学、筑波大学との共同研究として行われたものです。

https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1002/adsu.202000193

本成果は、2020年10月14日付 化学工業日報、2020年10月15日付 朝日新聞夕刊、2020年10月19日付 日本経済新聞、2020年10月23日付 科学新聞等で報道されました。

本論文に関する記事を研究科のホームページにも掲載しています。

https://www.a.u-tokyo.ac.jp/topics/topics_20201118-1.html

希少放線菌 Actinoplanes missouriensis の正常な胞子嚢形成に必須なヒスチジンキナーゼHhkAの発見と機能解析に関する論文です。HhkAはグローバルな転写因子TcrAをリン酸化して、その転写活性化能を上昇させているというモデルを提唱しています。胞子嚢の透過型電子顕微鏡写真が表紙を飾りました。

https://jb.asm.org/content/202/21/e00228-20.long

麹菌Aspergilllus oryzaeから見出されたポリケタイド、2,4′‐Dihydroxy‐3′‐methoxypropiophenoneの生合成経路の一部を明らかにした論文がChemBioChemに公開されました。

https://chemistry-europe.onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/cbic.202000505

ポリエンを持つポリケタイド、ishigamideの生合成を担う高還元型ポリケタイド合成酵素の構造機能解析の論文がNature Chemical Biologyに公開されました。

https://www.nature.com/articles/s41589-020-0530-0

本論文は研究科ホームページでも紹介しています。

https://www.a.u-tokyo.ac.jp/topics/topics_20200514-1.html

希少放線菌 Actinoplanes missouriensis の胞子嚢内での正常な胞子形成(べん毛合成、休眠)に関与する3つのFliAファミリーのシグマ因子を同定し、詳細な機能解析を行いました。

https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/mmi.14485

住所 : 東京都文京区弥生1-1-1東京大学農学部2号館